皆さまが健やかで豊かな人生を送るために、
セルフケアを伝え続けます。

続けられる、価値ある情報を提供します。
セルフケアを推進する講師を育成します。

代表ご挨拶

アジアン・ハンドセラピー協会は、設立以来、自分の手に働きかけて全身をケアするセラピーを多様な形で展開し提案してきました。

カナダの脳外科医・ペンフィールドが発表した「脳マップ」からもすぐに読み取れるように、手と脳は密接につながっています。手は「高性能リモコン」として、脳の働きをコントロールすることができるのです。今、世界では最先端医療として「脳から身体を治す医療」が注目されていますが、自分の手を使って、いつでもどこでも脳に命令を出すことのできる私たちが提供する方法は、限りない可能性を秘めているセラピーといえるでしょう。

アジアン・ハンドセラピー協会は、さらに広くみなさまにセルフケアの知識と技術を身につけていただき、多くの方々の心身の健康維持に貢献するお手伝いをしたいと願っています。

活動概要

認定講師によるセルフケア講座開催
認定講師の育成

協会概要

名称 一般社団法人アジアン・ハンドセラピー協会
設立 2011年8月15日
事業内容 セルフケアの講座開催・普及活動
所在地 〒658-0052 兵庫県神戸市東灘区住吉東町3-2-17
役員 代表 若林三都子
顧問 木本裕由紀
理事 後藤倫世
理事 柳澤正和
理事 松岡佳余子
理事 竹中幹人
理事 波多野美香
理事 市川兼二朗
理事 三枝千栄子
理事 横山蓮喜
監事 奥村眞理子

顧問弁護士 梅山隆弘<プロフィール>
顧問税理士 野澤秀人

会則

(名称)
第1条 本会は、一般社団法人 アジアン・ハンドセラピー協会と称する。

(目的)
第2条
1.本会は、松岡佳余子先生及び本会の認定講師が考案した施術を提供してセルフケアを推進し、人生をより豊かにするための応援を行い、セルフケアの方法を普及啓蒙することで、社会貢献を行うことを目的とする。
2.本会は、セルフケアの方法を普及啓蒙するものであり、医療行為を行うものではない。医師法、薬事法、医療法、医療広告ガイドライン等で定められた内容に従い、「治る」、「治療」、「診断」などの言葉は使用しない。
第2項 本会則は、本会に会員として入会したものが、本会会員として行う一切の行為に適用される。

(事業)
第3条 本会は、第2条の目的を達成するために次の事業を行う。
1.セルフケアの方法の提供
2.一般セミナー、認定講師育成のための講習会の開催
3.国内外関係者や学会との交流
4.国内外の認知度を上げるためのイベントの開催
5.前各号に掲げる事業に関するイベントの開催・運営
6.前各号に掲げる事業に附帯又は関連する一切の業務
第2項 その他、本会発展のために必要な事業を行う。

(会員)
第4条 本会は、本会の趣旨に賛同する医師、鍼灸師、薬剤師などの医療国家資格を有するもの、並びにその他の者をもって構成し、正会員及び賛助会員とする。
第2項 本会に入会を希望する者は、申込用紙に必要事項を記入し、事務局に届けるものとする。以上の手続きを行い、会費を納めた者を理事会の承認を得て本会会員とする。
第3項 本会の会員は、退会の意思を書面で理事会に通知することにより、任意にいつでも退会することができる。
第4項 本会の会員が、定められた期限までに会費を納入せず、督促後もなお会費を納入しないときは、自動的に会員資格を失うものとする。
第5項 本会の会員が、次に掲げる事由に該当するときは、社員総会の決議を得てこれを除名することができる。
1.本会の規則に違反したとき。
2.本会の名誉をき損し、又は本会の目的に反する行為をしたとき。
3.その他除名すべき正当な事由があるとき。
第6項 前項の規定により本会会員を除名する場合は、当該会員にあらかじめ通知するとともに、理事会において当該会員に弁明の機会を与えなければならない。
第7項 本会に次の役員を置く。
1.代表理事(1名)
2.顧 問
3.理 事
4.監事(1名以上)
第8項 役員の任期は5月1日から翌々年4月30日までの2年間とする。ただし、再任を妨げない。

(運営)
第5条
1.理事は本会正会員の中から選出する。
2.理事は理事会を組織し、会務を処理する。
3.代表理事は理事を互選によって選出される。
4.代表理事はこの会を代表して会議を統括し、必要な会議を招集する。
5.社員総会を年に一回開催する。
6.社員総会は最高の意志決定機関とする。
7.社員総会の決議は、総社員の決議権の過半数を有する社員が出席し、出席した該当社員の決議権の過半数をもって行う。

(会計・会費)
第6条 
1.本会の経費は、会費(年会費および認定料、コンテンツ使用料、テキスト代)・寄付金・その他の収入をもって充てる。会費は、(別表1)の通りとする。
2.予算および決算は、理事会の決議を経て、社員総会の承認を受ける。
3.会費の変更や決定は、理事会の議決を経て、社員総会の承認を受ける。
4.定められた期限までに会費を納入しない者は、退会したものとみなす。
5.年度途中の退会においても、すでに支払われた会費は返却しない。

(著作権)
第7条
1.本会によって提供される情報の著作権は本会に属する。
2.本会によって提供される情報を、複製、編集、加工、発信、販売、出版その他いかなる方法においても、著作権法に違反して使用することを禁止する。
(協会紋章および登録標章)
第8条
1.本会の紋章(ロゴマーク)、および「アジアン・ハンドセラピー協会」の標章は、本会の登録商標である。
2.当該登録商標を本会会員が使用する場合には、当該会員が認定されていることを条件とする。

(個人情報)
第9条 次の各号に挙げる場合は、入会申込及び提出書類に記載された個人情報を、本会が利用又は、第三者へ提供してもよいものとする。
1.当協会の活動に関して使用する場合
2.法令等に基づく場合
3.人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合

(決算)
第10条 本会の収支決算は毎会計年度終了後に作成し、監査を経て社員総会に報告しなければならない。
第2項 本会の会計年度は毎年5月1日から翌年4月30日までとする。

(会則の変更)
第11条 会則の変更は、理事会の決議を経て、社員総会の承認を受ける。

2019年1月13日

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com