左手で簡単に説明しましょう。

まずは、手を全身に見立てます。
中指にスッと背骨が通っているとイメージしてください。
手のひら=おなか側、手の甲=背中側になりますので、
中指の手の甲側がちょうど首・背骨にあたります。
そして、中指の指先部分を頭とイメージします。
中指の手のひら側が顔の部分にあたります。

※どちらの手にも相応点がありますが、
原則は痛みのある側の手を使って治療します。
 例)左足が痛む場合 → 左手の小指を刺激する

 


もう少し詳しく見てみましょう。

中指は第1関節から順に首、胸の肋骨辺り
左上肢・・・左手薬指・・・右人差し指
左下肢・・・左手小指・・・右親指
右上肢・・・左人差し指・・・右手薬指
右下肢・・・左親指・・・右小指
おなか全体・・・両手とも手のひら
(具体的な相応点については、初級セミナーで臨床体験しながら勉強できます)

 


手のひらは腹部に相応するので、各内臓の相応部位が多く存在しています。
(内蔵の相応部位については、中級セミナー以降で詳しく勉強できます)



 

Copyright © Asian Hand Therapy Association All Rights Reserved.